進路指導方針

やる気を引き出す継続的な進学サポート

 何をどのように学びたいのかといった目標が明確になり、志望校が決まると、学習に対するモチベーションが飛躍的に高まります。このため、本校では「目的意識を持った主体的な進路選択」を推進しています。進路ガイダンス等による情報提供、生徒の個性や考え方を理解するための面談の実施、さらに、様々な大学と提携した高大接続型の進路指導にも力を入れています。また、記述力・論述力を高めることを目的とする小論文指導や、英語資格の取得サポートも充実させています。

夢を描くことからはじまる進路学習

 1年次より進路プランニングの基礎学習の機会を設け、生徒全員が安心して将来の夢を描き、そして実現へとつなげていくために多方面からサポートしています。

継続的・計画的に希望進路実現をサポート

 学年ごとに身につけてほしい進路情報を各ステップに合わせて提供。1年次のキャリアガイダンスとともに、3年間を通じて進路ガイダンスや進路相談会、体験模擬授業等を定期的に開催し、生徒の進路意識を高めます。

面談を重視する個別サポート

 生徒によって希望進路・目標が異なるように、課題もまた生徒それぞれ違います。担任との面談を中心に、学年・進路指導分野の教員も一体となって、生徒の希望進路実現を全面的にバックアップ。「きめ細かな指導を徹底的に積み上げる」ことが本校の進路指導の大きな特徴です。

進路指導室

 進路指導室では各大学等の資料の閲覧やインターネットによる情報収集ができるほか、長期休暇中や放課後にも学習・進路相談に応じています。さらに、生徒・保護者・教員のコミュニケーションが密にとれるよう、連絡・相談体制を整えています。

高大接続型の進路指導

大学オープンキャンパス・見学会・講演会

 高大連携協定を締結している大学や、卒業生の実績により交流の深い大学を中心に、オープンキャンパスや説明会への参加機会を積極的に提供しています。さらに、本校独自で大学等の上級学校への見学会を企画・実施している他、大学の先生や担当者を招いた講演会を開催しています。最新情報を得るとともに、「大学がどういった人材を求めているのか」を直接聞くことで、学びたい分野・行きたい大学を確かなものにします。

体験模擬授業

 1・2年次には大学や短大、専門学校の先生を本校に招き、実際の授業を体験する機会を設けています。約20の学部系統から興味のある授業を受講し、将来の「学び」に触れることにより、進路選択に役立てています。

進路ガイダンス・進路相談会

 多くの大学・短大・専門学校の協力を得て相談ブースを設置。各校の教育の特色はもとより、各々の学部・学科での学びにより、将来どういった分野で活躍できるのか等、進路に関わる様々な情報を得ることができます。なお、大規模な進路相談会を自校で開催する高校は、県内でも僅かです。

進路体験報告会・受験結果報告書

 希望進路を実現した卒業生による受験体験談です。特に低学年の生徒から「進路を真剣に考えるキッカケになった」との声が多く聞かれます。さらに『受験結果報告書』を毎年作成しており、受験勉強のポイントや大学別の入試対策を後輩に受け継いでいます。

学校推薦型選抜・総合型選抜対策

小論文対策

 大学入試改革により、これまで以上に高い記述力・論述力が求められています。本校では小論文センターを設置し、各学年・担任と連携し、大学入試に向けた小論文や志望理由書の指導を行っています。「小論文ガイダンス」を各学年で実施する他、「小論文模試」、「志望理由書模試」の導入(希望者)により、大学入試に即した実践的な形式となっています。添削指導では各教科(国・理・地歴公民・英)の教員とも連携し、専門分野ごとに適切なアドバイスを受けることができる体制をとっています。

小論文ガイダンス(全員参加)
小論文模試(年3回・希望者)
志望理由書模試(2・3年生希望者)

面接対策

 大学・短大・専門学校の入試や、就職試験に自信を持って臨めるように、校内で面接対策を実施しています。特に、3年5月よりはじまる「面接対策講座」では、全体ガイダンスを行い受験に対する意識の高揚を図り、多くの生徒が面接の基本から学んでいきます。そして試験本番まで計画的に複数回の指導を受けるなか、志望理由書に応じた受け答え等を含め、時代のニーズに合わせた万全な準備を進めます。