NEWS & TOPICS

メキシコの高校生を交換留学生として受け入れ

更新日 : 2008年08月16日   カテゴリー : お知らせ

1年間の交換留学生としてメキシコからカスタネード・アルレッテ・ハスィベさん(18歳)が来ました。横浜保土ヶ谷ロータリーの方々の家庭でホームステイをしながら、登校しています。来日したときは全く日本語がわからなかったハスィベさんですが、日本の生活にも慣れて一人で電車を乗り継いで登校しています。日本人はマナーと礼儀が正しく、みんな親切なので、とても驚いたそうです。将来はメキシコに日本料理の店をだし、日本の文化を伝えていくことが夢だそうです。

また、11月21日(土)に実施された神奈川県国際教育研究協議会主催の「国際理解研究発表大会」留学生の部で「日本に来て気づいたこと」を発表しました。日本語で作文を書くことと日本語の発音に苦労しながら練習を積み重ねていました。