NEWS & TOPICS

推薦入試の日に

更新日 : 2018年01月26日   カテゴリー : 校長室より

 久しぶりの氷点下の朝を迎え、カーテンを開けると、鉛色の空が広がり、昼過ぎから降雪の予報も出ています。いつもの朝ならば霜柱が大根の植えられた畑越しにキラキラ輝いているのが見えるはずが、少し前までオレンジ色が際立っていた花壇のマリーゴールドも今は茶色を帯び、すっかり厳寒になった景色が、校舎2階にある私の部屋から眺めることができます。

 

 しかしながら、今年もこの入学試験シーズンの到来に合わせたかのように、インフルエンザ罹患者、更にウィルスによる感染性胃腸炎罹患者が少しずつ校内でも報じられるようになってきました。

 

 本県でも入学試験の追検査(追試験)報道がなされていました。受験生の皆さんにとって、予定通りに受験ができるように、周囲にいる私たちも日々の対策を怠ってはいけません。

 

 いま少しすると受験生がやってきます。正門近くの椿も透き通るような冷気の中、一輪、二輪と色鮮やかな花を付け、皆さんを迎え、応援しているように見えます。どうぞ皆さんが健闘されることを願っています。

       

     横浜清風高等学校  校長 齋藤 一