本校のあゆみ

Photo Gallery

沿革

創立・大岡校舎時代〔明倫学園〕

 大正12年に横浜市南区大岡に横浜家政女学校として創立した本校。明倫高等女学校、明倫高等学校と名前を改めながら戦前・戦中・戦後の時代を、仏教の教えに基づく婦徳の涵養を教育の柱として子女の教育を行ってまいりました。

年表(1927年~1957年)

HISTORY

1923

大正12

横浜家政女学校3ヶ年制として創立者荒井竹二郎、海老塚春蔵により5月4日県の認可を得て設立

1926

大正15

 3月 第一回卒業生を送る

1927

昭和2

大正15年12月13日 明倫高等女学校(4ヶ年制)設置申請、
翌年5月4日 平屋3教室の増築を文部大臣の認可を得、以後5月5日を以て創立記念日と定める

1928

昭和3

平屋3教室完成、12月に落成式を挙行

1929

昭和4

7月11日 佐伯興人が学校長に就任
8月26日 文部大臣認可
9月 横浜市内真言宗寺院63ヶ寺の共同経営となり、
本山高野山の所属として承認を受け、以後毎年補助金を受ける

1931

昭和6

7月 後援会組織発足、会長・渡辺玉子夫人 副会長・上郎やす夫人

1933

昭和8

10月 高野山管長より弘法大師尊像寄贈

1934

昭和9

3月15日 校旗制定

1935

昭和10

講堂増築(後援会長・渡辺玉子夫人寄贈)
特別教室2室増築(後援会副会長・上郎やす夫人寄贈)
事務室他増改築講堂に体育館設備完了(渡辺緑太郎氏寄附)ピアノ寄附(山下庄助氏)

1945

昭和20

4月 専攻科を設置、8月15日の終戦と共に授業中止、10月1日より授業再開

1946

昭和21

2月16日 校歌制定(松浦一作詞、弘田龍太郎作曲)
6月12日 財団法人明倫高等女学校許可、佐伯興人が理事長に就任
11月8~10日 第1回明倫祭、高野山管長・関栄覚猊下来校、十一面観世音菩薩尊像寄贈

1948

昭和23

3月30日 明倫高等学校認可
5月11日 別科洋裁部・音楽部新設
5月 高野山文化祭に生徒出演
5月25日 保土ヶ谷区岩井町御所見台に校地5387坪購入登記(高野山金剛峰寺より購入費附下)
8月26日 財団法人明倫学園認可

1949

昭和24

6月28日 高野山管長・和田性海猊下を迎え創立満25周年記念式典表彰式並びに図書館落成式、第4回明倫祭挙行、佐伯興人理事長逝去、楠興禅理事長に就任

1951

昭和26

3月1日 第2回農地買収あり
3月31日 財団法人明倫学園を学校法人明倫学園とする。事業部を設置

1955

昭和30

10月18日 楠興禅が理事長を退任、吉本道堅が理事長に就任

1957

昭和32

4月19日 学園長兼理事長に吉本道堅、学校長に真木勝が就任
8月3日 建設委員会発足
11月22日 第1期円型校舎着工

保土ヶ谷校舎時代〔明倫学園〕

 1958年に竣工した円型校舎は新校舎が建つまで長らくわが校のシンボルのひとつでした。戦後から高度経済成長へと続く大きな時代の波に揉まれながらも、仏教の教えを礎に生徒と共に20世紀を歩んでまいりました。

年表(1958年〜2000年)

HISTORY

1959

昭和34

7月1日 大岡町校地売却
11月4日 本館第1期工事着工、大根を抜いた凹凸グランドで体育祭

1960

昭和35

5月10日 本館第1期工事竣工

1962

昭和37

6月5日 本館第3期工事竣工

1964

昭和39

平屋3教室完成、12月に落成式を挙行

1965

昭和40

4月1日 高野山開創1150年を記念し総本山高野山金剛峯寺より明倫学園供養建設用地を奥の院に下賜

1966

昭和41

6月15日 真木勝が学校長を退職、杉山彦一郎が学校長に就任
12月31日 講堂兼体育館改装工事同竣工

1967

昭和42

6月10日 校舎落成記念式典、両界曼荼羅開眼供養、高野山真言宗管長・堀田真快猊下来校、高野山真言宗宗務総長・草繋全弘師来校

1970

昭和45

6月1日 吉本道堅が理事長・学園長を退任、杉山彦一郎が学校長を退任し理事長に就任、小倉仁海が学校長に就任、楠興禅が学園長に就任

1972

昭和47

3月31日 杉山彦一郎が理事長を退任、楠興禅が学園長を退任し理事長に就任、藤井真水が学園長に就任

1979

昭和54

明倫学園50周年記念式典挙行、記念誌発行

1982

昭和57

楠興禅が理事長を退任、藤井真水が理事長に就任

1983

昭和58

小倉仁海が学校長を退任、行元自忍が学校長に就任

1984

昭和59

行元自忍が学校長を退任、佐伯隆定が学校長に就任

1991

平成3

藤井真水が理事長を遷化退任、藤田義海が理事長に就任

1992

平成4

前庭・外壁一部改修、グラウンド、テニス・バレーコート改修

1993

平成5

創立70周年式典挙行、記念誌発行

1994

平成6

制服デザイン変更、普通科にコース制導入、隔週週休2日制

1996

平成8

佐伯隆定が学校長を退任、黒沢全紹が学校長に就任

1999

平成11

学校改革プロジェクトチーム(1月)学校視察、進学クラス学習合宿開始、沖縄修学旅行開始

2000

平成12

社会福祉コース発足、学校改革プロジェクトチーム「新しい学校づくりの構想」を発表

横浜清風高等学校開校

 21世紀を迎え、学校名を『横浜清風高等学校』に改めたのが2001年。以降も共学化をはじめとした積極的なカリキュラム・制度の改善や新校舎の建築など、絶えずその歩みを止めることなく本校は進み続けています。

年表(2001年~)

HISTORY

2001

平成13

黒沢全紹が学校長を退任、安達眞識が学校長に就任、藤田義海が理事長を退任、

川口益生が理事長に就任横浜清風高等学校に名称変更、一部男女共学化、コース再編・特進コース設置、総合学習開始(総合コース)、アメリカ・ソルトレイクシティ・ホームステイ実施

2002

平成14

横浜清風高等学校第1回卒業生

2003

平成15

創立80周年記念式典挙行、記念誌発行

2004

平成16

商業科募集停止

2005

平成17

新入生より全コース男女共学、教育課程部分改訂、コース変更可能、検定取得講座、21世紀講座始まる

2007

平成19

全校男女共学、入試対策講座(3年)

2008

平成20

土曜進学講座開設、ノー教科書デイ廃止、社会福祉コース募集停止

2009

平成21

安達眞識が学校長を退任、是枝匡輔が学校長に就任

2010

平成22

新校舎建築第Ⅰ期工事

2011

平成23

新校舎建築第Ⅱ期工事

2012

平成24

新校舎完成、総合進学コースに選抜進学クラス開設

2013

平成25

創立90周年を迎え、学園名を横浜清風学園に改める

2014

平成26

川口益生が理事長を退任、藤井義章が理事長に就任
是枝匡輔が学校長を退任、齋藤一が学校長に就任

2016

平成28

総合進学コースにグローバルクラス開設

2017

平成29

グラウンド人工芝化