Q&A

横浜清風高等学校について。

QA

男女共学で全日制普通科、三学期制の高等学校です。コースは特進コース・総合進学コースの2コースです。

学校の歴史を教えて下さい。

QA

大正12年、横浜市大岡に「横浜家政女学校」として創立。以来、「明倫高等女学校」、「明倫高等学校」と学校名を改称。平成13年4月に教育内容を一新し、「横浜清風高等学校」となりました。
本校のあゆみ

宗教教育は行っていますか。

QA

行っています。弘法大師が京都で開いた日本で最初の私立学校「綜藝種智院」の教育理想「仏教の理想とする人間完成」を建学の精神とした真言宗の学校です。年間5回の仏教関係の式典と毎週月曜日の勤行、週1時間「仏教」の授業を行うなど、心の教育に努めています。

現在の生徒数、クラス数はどのくらいですか。

QA

全校生徒数 合計1392名。(平成29年4月1日現在)うち、男子640名・女子752名。
クラス数は全校で36クラスです。

悩み事を相談できるところはありますか。

QA

本館1階に相談室があります。ここでスクールカウンセラーのカウンセリングを受けることができます。
来校や電話による保護者からの相談も受け付けています。

修学旅行やその他研修旅行はありますか。

QA

2年生の10月にシンガポール・マレーシア海外修学旅行、沖縄修学旅行の選択制となり、ともに4泊5日で実施します。他に1年生の5月に2泊3日の高野山(和歌山県)研修旅行を実施しています。また、スキー・スノーボード研修旅行(1月)も希望者にて実施します。

ホームステイなど海外研修はありますか。

QA

夏季休暇中に希望制でホームステイを実施しています。29年度はオーストラリア・ウーロンゴンで16日間(7/26~8/10)実施しました。また、春季休暇中には希望制で8日間(3/18~3/25)セブ島英語合宿を実施。他にはインターアクトクラブから国際交流を目的とした海外研修に毎年2~3名の生徒が派遣され、現地のインターアクトクラブとの交流をしています。

試験について教えて下さい。

QA

定期試験;1・2学期には中間試験と期末試験を実施。3学期は学年末試験を実施。
学力診断テスト;1・2年生は各学期に1回、3年生は1学期に実施。その他、特進コースは進研模試・東進模試(希望者)・河合塾模試(希望者)・学研小論文模試を実施。(総合進学コースは希望により受験可)

成績はどのように付けられますか。不合格となるのはどんな場合ですか。

QA

各学期の中間試験、期末試験の結果をもとに提出物や授業態度などを考慮して成績を付けます。
10段階の絶対評価です。学年末の評定に「1」・「2」の科目が1つでもあると不合格となり進級できません。
また、欠課時数が多いと成績が良くても不合格となります。

補習について教えて下さい。

QA

一般受験で大学進学を目指す生徒を対象に、長期休暇中(夏季・冬季・春季)に補習を行っています。
特進コース、総合進学コースの選抜進学クラスは必須、グローバルクラスは一部必須、一般クラスは希望者の参加となります。また、定期的に校内外の模試を受験することで、一般受験への意識を高めています。

学習のサポートはありますか。

QA

生徒全員に「スクールダイアリー」と呼ばれる手帳を配付。その手帳に学習内容を記録することで、自主学習力を高めていきます。平日は放課後から18:00まで自習室を開放、教職員が常駐し学習のサポートをしています。また、学習サークル「風」に入会すると、放課後19:30まで自習室で学習することができます。
さらに、特進コース、総合進学コース選抜進学クラスの生徒(希望者)は、「清風PLUS」とよばれる大学受験対策補習(放課後80分間)を受講できます。
*3年間の学習計画

進路指導について教えて下さい。

QA

進路指導部・大学入試対策部・学習指導部・教育統計係・学年が連携し、3年間を通じて計画的・継続的な指導を実施しています。担任を中心に定期的に面談を行い、生徒の学習状況や希望等を把握して、指導を進めています。
1年次の早い段階より「進路ガイダンス」「学部学科説明会」「体験模擬授業」などを通じて、意識付けを行っています。また、2年次や3年次には大学・短大・専門学校から講師を招いての「校内進路相談会」を開催して、個別に具体的な進路相談ができる機会を設けています。

推薦入試・一般入試・オープン入試について教えて下さい。

QA

1. 推薦入試・・・専願のみです。
「推薦」は本校を第一希望とし、本校に入学したい人に向いています。
ただし、出身中学校の校長先生の推薦書が必要となり、他の公私立校を受験することはできません。
*試験は志願者本人の面接試験および志願者シートの記入です。
また、提出書類として中学校からの調査書と出身中学校の校長先生の推薦書が必要です。
2. 一般入試・・・専願、併願、オープンに分かれます。
「専願」は本校を第一希望の人とし、他校を受験しないことが条件です。
「併願」は公立高校共通選抜試験と本校を併せて受験したい人に向いています。公立高校共通選抜試験の結果を待
って本校に入学することが条件です。
* 「専願」は国語・数学・英語(リスニングテスト含む)の3教科の筆記試験と面接試験および志願者シートの記
 入です。また、提出書類として中学校からの調査書が必要です。
* 「併願」は国語・数学・英語(リスニングテスト含む)の3教科の筆記試験と志願者シートの記入です。また、
 提出書類として中学校からの調査書が必要です。
* 筆記試験はマークシートで実施します。
「オープン」は、中学校からの調査書は必要ありませんが、特に筆記試験ではある一定の得点が求められます。
本校にぜひ入学したいと考えている人がチャレンジすることのできる入試です。
* 試験は、国語・数学・英語(リスニングテスト含む)の3教科の筆記試験と面接試験および志願者シートの記入
 です。
* 筆記試験はマークシートで実施します。

志願者シートについて教えて下さい。

QA

受験者全員に記入していただきます。
内容は、本校志望の動機や将来の希望など、本校を受験することに関わることです。

面接試験の実施方法について教えて下さい。

QA

原則として、推薦・専願・オープン入試受験者のみ実施します。本校の教員と受験生、1対1で約5分間実施します。
質問事項は本校志望の動機、将来の希望、部活動などです。
特に事情のある受験生等は別室で再面接になることもあります。

国籍や帰国子女、県外からの受験者に対して特別な措置はありますか。

QA

いずれも特別な基準や枠はなく、また特に不利なこともありません。

欠席日数は合否に影響しますか。

QA

3年次10日以内が原則となりますが、やむを得ない事情の場合は考慮することもあります。
中学校の先生と相談して下さい。

入学時納入金について延納制度はありますか。

QA

延納制度はとってはおりませんが、一般入試での併願合格者の入学手続締切日は公立高校共通選抜試験合格発表後となっています。
* 詳しい日程については、生徒募集要項をご覧下さい。

初年度の納付金はどのくらいになりますか。

QA

平成30年度入学生の初年度納付金は合計948,800円です。

入学時校納金

月額校納金 年額校納金
入学金

190,000円



施設整備費

190,000円



授業料

38,000円

38,000円

456,000円

維持費

8,000円

8,000円

96,000円

PTA会費

900円

900円

10,800円

生徒会費

500円

500円

6,000円

427,400円

47,400円

568,800円

*毎月の校納金には、上記以外に修学旅行の積立金(1年次9月~2年次9月)が追加されます。

入学時の納付金の他に、年間どのような費用がいくらかかりますか。

QA

つぎの通りです。(平成29年度の金額です)

教科書代金 24,000円~36,000円 程度(入学式前3月末一括納入)

教材費など教育活動に関わる費用
(コースによって異なる)

30,000円~60,000円 程度(1年次4月下旬一括納入)
※変更することもあります。

1年次高野山研修旅行費 59,000円程度(1年次4月一括納入)

2年次修学旅行
※①②から選択

①海外(シンガポール・マレーシア:約16万円)
②国内(沖縄:約14万円)

制服の価格について教えて下さい。

QA

夏服を含めての目安として、つぎの通りです。
(消費税を含む)男子 67,176円   女子 68,364円
* 詳細は一覧表で確認してください。

制服以外の学校指定の購入品と価格を教えて下さい。

QA

男子

女子

通学用鞄orリュックサック 10,800円 通学用鞄orリュックサック 10,800円
通学用靴(いずれか) 革靴  9,500円
合皮靴 4,100円
通学用靴(いずれか) 革靴  6,800円
合皮靴 9,500円
ソックス 550円~ ハイソックス 990円~

体操服

16,300円~

体操服

16,300円~